四国お遍路・八十八カ所巡りとは

弘法大師と共に四国遍路巡礼の旅

四国遍路・四国八十八ヶ所巡礼のおすすめ

弘法大師と昔のお遍路マップ

総行程1,400Km、昔は世捨ての旅として知られた四国八十八ヶ所巡り。最近では、ただ信仰心の為だけではなく、健康のため、ストレス解消のため、これからの生き様を探るため等々……人生に潤いを求めて巡礼に奮起される方が増えています。

今から約1,200年前、弘法大師が42歳のときに人々に災難を除くために開いた霊場が四国霊場です。後に高弟が遍歴したのが霊場巡りの始まりと伝えられています。人間には煩悩が88あり、霊場を八十八ヶ所巡ることによって煩悩が消え、願いがかなうと言われてます。阿波で脚を固め(発心の道場 1~23番)、土佐で心落ち着け(修行の道場 24~39番)、伊予で信に入って(菩提の道場 40~65番)、讃岐で諸願成就する(涅槃の道場 66~88番)、そして最後に、高野山奥の院参拝で大願成就すると言われてます。

光に満ちた四国の大自然の中、お大師様(弘法大師)と共に心と身と体をみがき、88の煩悩を一つ一つ取り除き、大自然の中で生かされている喜びにひたると共に、自分自身を見つめ直す修行の旅です。四国の地元の人々の厚い人情は巡礼者の心を癒し、素直な気持ちにさせてくれます。俗塵を離れ、人々の厚い心遣いに感謝し、生きる喜びを見出すため、自分探しの旅に出てみませんか。

弘法大師と共に大願成就

  • 心を癒したい人
  • 悟りを開きたい人
  • 88の煩悩を消し去りたい人
  • 自分を見つめ直したい人
  • 今までの人生に懺悔したい人
  • 生きる目標を見出したい人
  • これからの生き方を考えたい人
  • いろいろな供養をしたい人
  • 水子 供養をしたい人
  • 人生に挫折した人
  • 心を清めたい人
  • 先祖供養をしたい人
  • 仕事に行き詰まった人
  • 生きる 喜びを見出したい人
  • ストレス解消をしたい人
  • 病気に打ち勝ちたい人
  • 今の苦しみを取り除きたい人
  • いろいろな祈願をしたい人
  • 病気治癒祈願
  • 商売繁盛祈願
  • 家内安全祈願
  • 厄除け祈願
  • 安産祈願
  • 無病息災祈願
  • 交通安全祈願
  • 子宝祈願
  • 学業向上祈願
  • 身体健全祈願
  • 五穀豊穣祈願
  • 良縁成就祈願

癒しの遍路道

阿波(徳島)発心の道場 23ヵ寺

発心とは、私達が仏教に帰依しようとする心を起こすことを言います。何がひきがねになるかは、人それぞれ。遍路の旅に出てみようかな・・と思い立つのも、そのひきがねの一つ。弘法大師と「同行二人」で、四国遍路を思い立った人達にとって、徳島は「発心の道場」と言う訳です。

土佐(高知)修行の道場 16ヵ寺

修行と言う言葉には、ともすれば難行苦行といったイメージがつきまといますが、弘法大師の教えは、そのような苦行ではありません。心身共に仏道を身に付けて善行を積むといった、精神的な面の多い修行を意味します。

伊予(愛媛)菩提の道場 26ヵ寺

菩提と言うのは道であり、知であり、覚であると言われています。あらゆる煩悩を断ち切り、不生、不滅の理を悟って、初めて得る仏果なのです。発心の道場、修業の道場を経て、ようやくここにたどり着くと言う訳です。

讃岐(香川)涅槃の道場 23ヵ寺

香川県下には、弘法大師にゆかりの深いお寺が多くあります。様々な苦を絶ち、一切の煩悩を滅ぼし、不生不滅、解脱の境地・・・涅槃とはそういう意味で、讃岐を無事に巡ると、四国八十八ヶ所遍路は結願となります。